HOME > 日本語 HOME > ケルト > 神話伝説群 >

エリンの四秘宝
* 以下は、トゥアハ・デ・ダナーン族(="大地の女神の一族")が、四つの都市から 持ち出したという宝について記述した原文テキストとその邦訳である。 (英訳を参考にした重訳であるが、ある程度の用語チェックはおこなっている)
    その原典である《レカン黄書》という手写本には、この作品に「〜四至宝」のごとき表題はなく、 "The Four Jewels of the Tuatha Dé Danann"は編者(V. Hull 氏)による仮題のようだ。
    この文献に「ヌアザの剣」という記述はあるが、「クラウ・ソラス(光の剣)」という呼び方はどこにもない。「ルーの槍」についてもその名は記されない。
    そして奇妙なことに、散文序文では「ヌアザの所有する剣」、「ルーの槍」なのだが、引用詩では、「ルーの剣」、「ヌアザの槍」とあべこべに入れ替わっている。また、四都の賢者(ドルイド)の名も、序文と引用しでは相違があることが確認できる。

 

Ceithre seoda
na Tuath dé Danann
[?]

エリン四秘宝

{アイルランド語テキスト}
CELT: The Corpus of Electronic Texts

Ceithri seuti n-Tuath De Danann [?]

Lebor Buide Lecáin


Ceithri cathracha i r-robadar Tuatha De Danand ic foglaim fheasa ocus druidechta, uair is fis ocus druidecht ocus diabaldanacht ro fhogain doib. it e-seo anmanna na cathrach .i. Failias, ocus Findias, ocus Goirias, ocus Murias. Ocus is a Failias tucad in Lia Fail, fil i Temraig, no gesed fo cech rig no gebead h-Erind . A Gorias tucad in claidheb bai ic Nuadaid. A Findias tucad sleg Loga. A Murias tucad coire in Dagda.

Ceithri fiseda badar isna cathrachaib sin .i. Fessus bai h-i Failias, Esrus bai ic Gorias, Uscias bai a Findias, Semias bai a Murias. Is aco sin rofoglaimsed Tuatha De Danand fis ocus eolus. Sleg Loga, ni gebthea cath fria na fris inti a m-bid laim. Claidheb Nuadad, ni thernad neach ara n-dergad
[gap: extent: 2 characters]
. O da berthea asa thindtig bodba, ni gebti fris inti a m-bid laim. Coiri in Dagda, ni teigead dam dimdach uad . An Lia Fail, fil i Temraig, ni labrad acht fa rig Erenn.

Ad-beraid, imorro, aroile do seanchaidib conid a n-dluim ciach tistais Tuatha De Danann i n-Erind. Ocus ni h-ead on, acht a longaib na morloinges tangadar, ocus ro loiscsed a longa uili iar tuidecht i n-Erind. Ocus is don dluim ciach bai dib side, at-dubradar aroile conid a n-dluim chiach tangadar. Ocus ni h-ead iar fir. Ar is iad so da fhochaind ara r' loiscsead a longa na r' fhagbaidis fine Fomra iad do fodail forro, ocus na ro thisad Lug do cosnum rigi fri Nuagaid. Conid doib do chan in seanchaid:

    1. Tuath De Danand na set soim.
      Cait a fuaradar fogloim?
      Do rangadar suigecht slan
      A n-druigecht , a n-diabaldan.
    2. Iardanel find, faith co feib,
      Mac Nemid, mac Agnomain ,
      D'ar mac baeth Beothach bertach,
      Ba loech leothach, lanfhertach.
    3. Clanna Beothaich,—beoda a m-blad
      Rangadar sluag niath nertmar,
      Iar snim is iar toirrsi truim,
      Lin a loingsi co Lochluinn.
    4. Ceithri cathracha,—clu cert
      Gabsad a rem co ronert.
      Do curdis comlann co cas
      Is d'foglaim a fireolas.
    5. Failias ocus Goirias glan,
      Findias, Murias na morgal,
      O maitea madmann amach,
      Anmanna na n-ardchathrach.
    6. Morfis ocus Erus ard,
      Uscias is Semiath sirgarg,
      Re n-garmand,—luag a leasa
      Anmann suad a s-sarfeasa.
    7. Morfis fili a Failias fen,
      Esrus a Gorias, germen,
      Semiath a Murias, dind dias,
      Uscias fili find Findias.
    8. Ceithri h-aisceda leo anall,
      D'uaislib Tuaithi De Danand:
      Claideb, cloch, coiri cumal*,
      Sleag ri h-aidid ardcurad.
    9. Lia Fail a Failias anall,
      Gesed fo rigaib Erend.
      Claideb lama Loga luidh
      A Goirias,—roga rocruid.
    10. A Findias tar fairrgi i fad
      Tucad sleg nemneach Nuadat.
      A Murias, main adbol oll,
      Coiri in Dagda na n-ardglond.
    11. Ri Nime, Ri na fer fand,
      Ro-m-aince, Rig na rigrand,
      Fear ca fuil fulang na fuath,
      Ocus cumang na caemtuath.

      Tuata.

Finit.

— Dublin, Trinity College, 1318 [Yellow Book of Lecan],
Vernam Hull, The four jewels of the Tuatha Dé Danann. in Zeitschrift für Celtische Philologie. vol 18, Halle/Saale, Max Niemeyer (1930) 73-89

{英訳テキスト}
Mary Jones "The Four Jewels of the Tuatha Dé Danann"

トゥアハ・デ・ダナーンの四至宝

《レカン黄書》

四つ城都みやこありありて、 トゥアハ・デ・ダナーン["大地の女神の一族"]は、さとき叡智と巫術ドルイドリーを得た; それは、知恵や巫術や魔術デビルトリーやらを、貴く重宝したゆえに。
 されば、その城都の名とは、一、ファリアスとフィンジアス、ゴリアスとムリアスであった。
 そしてファリアスよりは《運命の石》リア・ファルがもたらされたが、これはタラの丘〔テマル〕に置かれ、アイルランド〔エリン〕を国取りする、すべての王の御為おんため呻き鳴うめ ないたという。
 ゴリアスからは、ヌアザの剣がもたらされた。フィンジアスからは、ルーの槍がもたらされた。 ムリアスからはダグザの大釜がもたらされた。

四人の賢者が、 これら城都にあり。 一、 フェススがファリアス市に、エスルスがゴリアス市に、ウスキアスがフィンジアス市に、セヴィアスが ムリアス市に。
 その彼らよりトゥアハ・デ・ダナーンは知恵や知識を学んだのである。
 ルーの槍を手に持つ者に対しては、戦い[の勝ち]をもぎとることは、誰にもかなわなかった。 ヌアザの剣を目にして逃げおおせた者はおらず、...いったん、その危うき鞘から抜き放たれたるや、それを手にした者を獲ることなど、到底なしえなかった。 ダグザの大釜は、誰をも満足せずには帰さなかった。 タラの丘にある《運命の石》は、アイルランドの王の御許をおいてほかは、 けして語ることはなかった。

ある古史家は、トゥアハ・デ・ダナーンが霧の雲に乗ってアイルランドに来たと伝える。 されど、それは物知らずというものだ;彼らは大船団の船に乗ってアイルランドに来て、到着するや船をことごとく 燃やしたのである。そこから舞い上がる煙を[見て]、ある者は霧の雲に乗ってやってきたと言ったのだ。 しかしそれは真実ではない。 そして燃やした理由は二つあった。フォモール族に見つかり、つけ狙われないように。そして、ルーがやってきて ヌアザから王座を勝ち取ることができないように。 それらについては、口承史家かたりべがこう歌っている:

  1. 「善き宝のトゥアハ・デ・ダナーンは、
    いずこで知恵を探しあてしか?
    編みだしたるは完璧なる法[?]なり、
    巫術ドルイドリー魔術デビルトリーの。
  2. イアルザネルはひいでし、 [才]豊富ほうふなりし巫覡ふげき*       *預言者

    そはネメズ・マック・アグノマン*の子。             *第三来寇の民ネメズ族の始祖
    その息子は愚なる素行のビオサッハ*なり、                 *ビョハッハとも
    技倆ぎりょうあふるる両断りょうだん力士りきし*                                    *勇士、武人
  3. ビオサッハの子らよ―その誉れ悠久たれ―
    編成するは、強力で勇ましい軍隊なり。
    愁嘆うれいのち、落胆の悲嘆かなしみの後、
    総勢の船でロフラン国*へと。    *侵略者たち(フォモール族)の本国。≒北欧
  4. 四つの都―ふさわしかる名声―
    いとも力づくに権力を掌握す。
    ゆえに[都どうしは]励んで競い合いにけり、
    [われさきに]真理を習得せんと。
  5. ファリアスときよきゴリアス
    フィンジアスと偉大なるムリアス。
    そこから長たち(?)は、よそ者を敗りぬ、
    これらもって主たる都の名前なり。
    [四都のドルイド僧:]
  6. モルフィス*と気高きエルス〔エスルス〕*                        * 序文ではフェススとエスルス
    ウスキアスととこし猛々しセヴィアス
    彼らが名を列挙するは―有為なる語りなりけり―
    これらもって大智の賢者らの名前なり。
  7. モルフィスはファリアス市じたいの吟誦者つげびと*          * 予見力者/吟詠詩人
    ゴリアス市のエスルスは豪胆[の人]
    セヴィアス、二つの丘*のムリアス市[の人]。               * 「二つの頂」とも
    ウスキアスはフィンディアス市の佳き吟誦者。
  8. 四つの恩寵品たまわりものをたずさえて
    トゥアハ・デ・ダナーンの貴族は此方こなたに:
    剣と岩と高価*な大釜                              * 「価千金」ならず「価牛三頭」
    槍は、大勇士*の憂い。                          *原文で 「大-」+「勇士」
  9. ファリアスからは《運命の石》リア・ファル
    アイルランド王のもとで叫びし。
    かの剣は敏捷なるルーの手に、
    ゴリアスより、― 千宝のうちの選りすぐり。
  10. はるか海の向こうのフィンジアスよりは、
    ヌアザの害なす*毒槍がもたらされた。       * nímh =「毒」、「破壊性」
    ムリアスからは、とてつもなくおおきい、大そうな宝、
    偉業のダグザの大釜。
  11. 天界の王、弱き人間の王、
    われを護りたまえよ、王系の王よ。
    精霊の忍耐をもち、
    慈しむ一族の強さをかねる 」

    トゥアハ・[デ・ダナーン]*              * かっこ [ ] 内は、《レカン黄書》にない、
    《バリモート書》から補充した部分

    完。 [アーメン]*

—私訳
Recommended Links:
HOME