HOME > Japanese > Japanese Elegies >

乃木希典
Gen. Maresuke Nogi
(1849〜1912)


爾霊山
"The 203 Hill"

〔歴史的背景〕明治三十七年(1904)二月に宣戦布告された日露戦争で、 乃木大将は陸軍をひきいて、ロシアの東洋艦隊の基地である旅順(ポート・アーサー)の攻略を指揮することとなった。 しかし、多くの死傷者を出すだけで、敵の要害は難攻不落のままであった。
ところが、露軍の艦が浮かぶ湾を見据える丘陵(その標高が203メートルであることから二〇三高地とあだ名された) があることに、日本軍はおそまきながら気づいた。いっときは、この高地は無防備であったのだが、 機を逸して、時すでにおそく高地はロシア側に占領されていおり、よって高地をめぐるすさまじい争奪戦が展開された。 乃木大将は、ただひたすら兵卒に突撃させては、敵の砲撃・銃撃を受けるままという猪突猛進的な消耗戦術をもちいるのみで、 累々たる屍の山がきずかれたが、ついに十二月五日に、二〇三高地を占領した。 若くして散った英霊の中には乃木の次男保典の名もあった。それを嘆じて詠んだ漢詩が次の作である。 「爾霊山」は、二〇三高地を語呂合わせした当て字で、乃木大将の創作。
戦争も終わって何年かのち、明治天皇が崩御すると、乃木大将とその夫人が殉死したことは有名である。

[Historical Background] The Russo-Japanese War began in February of 1904. Gen. Nogi was placed in charge of leadin an army to assault Lüshun (Port Arthur) which was the naval base for Russia's East Asian Fleet. Despite numerous casualties, the fort held firm.
Then the Japanese army belated realized there was a hill overlooking the bay where the ships floated (it was nicknamed Hill 203 because its elevation was 203 meters above sea level). The hill was initially unprotected, but the opportunity was missed, and the Russians had by then occupied it. Thus began a horrendous battle over the control of the hill. Gen. Nogi's stuck to attrition tactics, sending a fresh charge of men up the hill after the previous wave fell as cannon fodder, thus leaving behind heaps of dead bodies. The Japanese finally took the hill on December 5. Among the fallen was Gen. Nogi's second eldest son. Below is a poetry in classical Chinese style that he wrote on the mission.
Years later after the war, when the Emperor Meiji died, General and his wife commited ritual suicide.

爾靈山嶮豈難攀    爾霊山にれいさん けんなれども     に   がたからんや
男子功名期克艱    男子功名 かんつを期す
鐵血覆山山形改    鉄血山を覆ひて 山形改まる
萬人齊仰爾靈山
   万人ひとしく仰ぐ 爾霊山


[通釈]
二〇三高地がいかに険峻であろうとも、 けっして、よじ登れないことはなかろう。
男児が、功名を立てようとする時は、 艱難に打ち勝たなければいけないことは覚悟の上である。
山は武器や兵士に覆われて、 もはや原形をたもたないほどだ。
万人がこの山を仰ぎ見るとき、その述懐することとわきあがる感慨は、 みなひとしく同じにちがいない、それが二〇三高地なのだ。


*「鉄血 (Eisen und Blut)」というのはビスマルク宰相のことばで、
ドイツ統一に不可欠な「兵器と兵力」を意味する。
*爾霊山の当て字は、「爾(なんじ)、英霊のねむる山」ほどの意味か。

[Translation:]
The Two-Zero-Three Hill, steep though it may be, 
     surely isn't unclimbable,
Men are awares, that perils needs be ovecome 
     if glory's to be won.
Iron and Blood cover over the Hill, 
    and the Hill-shape itself no longer the same.
Nireisan, upon which a myriad people gaze, 
    all with equal sensation.



* In this poem, the poet played with the name Ni-rei-san, and instead of the standard 2-0-3 hill, he rendered it as the Thee-Spirits-Hill.
* "Iron and Blood" (Blut und Eisen) is an expression used by the German chancellor Bismarck referring to "weapons and men" that are necessary for German unification.


HOME > Japanese > Japanese Elegies >